読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年中アイス

いろいろつらつら

AWS API Gateway+LambdaでSlackにメッセージをPOSTする(後編)

前編、中編にて、AWS API Gateway + Lambdaを使って、post-slack WebAPIを作り、テスト実行まで行いました。後編では、API keyの設定と実際に使えるようにデプロイをしていきます。 Slack Webhook URLは、それを知っていれば誰でも使うことができます。せっ…

AWS API Gateway+LambdaでSlackにメッセージをPOSTする(中編)

前回、Slack Incoming Webhookの作成と、それを使うLambdaを作成したので、続いてAWS API GatewayとLambdaを繋いでいきます。書いていたら思ったより長くなったので、API Gatewayのテスト実行までを中編にして、後編で、API keyの設定とデプロイを行います。…

AWS API Gateway+LambdaでSlackにメッセージをPOSTする(前編)

Slackはincoming webhooksがあり、POSTするだけで、簡単にメッセージを送ることができます。 スクリプトで直接Incoming Webhook使ってもいいんですが、これ自体は別に認証も何もないので、誰かが知ってしまうと、好き放題投稿できます。そんな時に入れ替えた…

Roadworkerを使ってRoute53 Private DNSを管理する

AWS

Roadworkerとは Route53の設定を、DSLで管理するruby製のツールです。ドメイン設定をコード化できるので、gitで管理することができます。 winebarrel/roadworker · GitHub Route53 private DNSとは 2014年の11月ごろから使えるようになった機能です。 特定の…

rnzoo 0.2.0をリリースしました。

golangで書き直した新しいrnzoo version 0.2.0をリリースしました。(ssh呼び出しが有るので、rnsshはshell) Release version 0.2.0 · reiki4040/rnzoo · GitHub今回のバージョンの目的は、導入のハードルを下げるために、boto(Python)からgolangにしたことで…

AWSの利用料金が一定金額を超えたら通知させる (Billing alarm)

AWS

AWSから、個人で使っているアカウントに、先月の料金$18ぐらいです。とメールが来たので、インスタンス止めてたはずだけどなーと思ってみてみたら、見事にt2.microが1台と、なぜかElasticIPが停止しているインスタンスについている状態でした。(ElasticIPは…

rnzoo/ec2sshを作った。

---- 2014/10/19 追記 ec2sshは、rnsshに名称変更して、homebrewでのインストールにも対応しました。 rnzooがhomebrewで入れられるようになりました。 - 年中アイス rnzoo 0.2.0をリリースしました。 - 年中アイス ----前回のエントリでec2listを作りました…

ec2listというコマンドを作った。

2014/9/7追記 そのままec2sshも作って、導入の手間を考えてリポジトリもreiki4040/rnzoo · GitHubに移動しました。rnzoo/ec2sshを作った。 - 年中アイス rnzoo/ec2sshを作った。 - 年中アイス ---以下元エントリ ec2のインスタンス情報を表示するec2listとい…

awscliを使って、VPC向けsecurity groupを作成する

AWS

以下が完了していること前提になっています。 awscliのインストール(確認環境は、aws-cli/1.4.2 Python/2.7.5 Darwin/13.3.0です) AccessKeyのセットアップ VPCの作成(例として、10.0.0.0/16を用います) 手順としては、以下になります。 SecurityGroup(以下S…

Route53のヘルスチェックに403を返してるはずなのに、なぜかFailしない

AWS

ちょっとはまったのでメモ。 Route53には、エンドポイントをチェックして、フェイルオーバーしたり、DNSの振り分けを止めたりする機能がついています。これを有効に使うには、何が成功で、何が失敗になる(する)のかをコントロールすることが重要です。 AWS…