読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年中アイス

いろいろつらつら

2015年技術でやってきたこと

毎月やらないとと言っていた振り返りが結局また年をまたぐという状態です。前半何やってたか記憶がないぐらい衰えを感じるので、2016年は四半期ぐらいにはまとめようと思います。。。

キーワードだけあげるとこんな感じ

  • さらにgolang
  • プライベート開発
  • Aurora移行

golang本格化、WebAPI作成

2014年から、golangでWebAPIを作りだして、そこからサービス全体の各機能を順に実装していきました。また、他の人にもgolangを広めることも行っていきました。Webフロント側はPHPで作られているため、バッチやツール等でもPHPを使いがちだったところを、なるべくgolangに置き換えるように促しました。その甲斐あって、今では5人ぐらいgolang書けるようになっていて、今後もフロント以外はgolangでやっていきたいです。

省力化、ラッパーコマンド

ansibleを使ってデプロイの省力化を行っていますが、ansible-playbookコマンドが全部打つと長いこともあり、特定の環境によく使うものを短いコマンドとオプションで実行できるようにラッパーコマンドを作りました。 また、必ずplaybookを作ってそれを使って開発環境で開発を行うように促し、golang同様に使える人を増やしていきました。最初は少しハードルがありますが、開発中は何度もデプロイするのでplaybookに慣れると、自分でメリットを実感しやすく、覚えてもらえました。

AWSの設定周りは、roadworker, miam, piculetを使いコード化して、変更を記録できるようにしました。

冗長化、マイクロサービス化

2014年は冗長化周りを行っていましたが、2015年はマイクロサービス化も進め始めました。マイクロサービスに何を求めるかというと、部分的な置き換えです。一番最初は新卒と外注で作られたため、いろんなところに問題点が潜んでいます。それを一気に刷新するほど、お金も人も余裕がないため、一部分をマイクロサービス化して置き換えていくことで、全体を刷新しようとしています。データ構造も修正していくため、2016年以降もかかりそうです。

監視周りnagios(Icinga)

10月に、監視周りの構築(と検索エンジン全般)を任せていたエンジニアが辞めたので、そこから少し監視周りを見ることになりました。 監視の設定更新などは、ansible+ラッパーコマンドが用意されていたので非常にスムーズでした。Icingaはnagiosベースなので、チェックはコマンドの戻り値で判断されます。やってみると簡単に実装できるため、サーバ側の開発者には自分で作らせるようにしました。逆にIcingaの設定ファイル構成などはものすごくわかりづらいのでその点はどうにかしたいところです。

Amazon Aurora移行

RDS(MySQL)のDB容量不足の懸念が急に来ました。急激ではないですが、ありがたいことに利用者増によって、ほっとくと2016年1月にサービスが死ぬ可能性が出るぐらいに。当初、容量を増やしたRDS MySQLに移行するつもりでしたが、利用者数によっては1年ほどでまた同じ問題にぶつかる可能性がありました。さらに、PIOPSをつけると、使っていない容量の分まで利用料金が発生して、あまりよい出費ではありませんでした。

そんな検討の最中、注目していたAuroraが10月にTokyoリージョンに来ました。Auroraは容量をあらかじめ決める必要がなく、自動で拡張されます。さらに、PIOPSは不要かつ、Slaveがホットスタンバイになるので、MultiAZ待機側の料金も減らせます。加えて、接続数が増える、データが増えた場合のパフォーマンス低下も抑えられているということで、今後のスケールにも対処可能。まさに夢のような解決策が降ってきました。

そこから、移行に関してはどうしてもサービス停止が必要になるため、年末に計画停止(※)を挟むことにして、移行手順の確立や動作検証を進めていきました。無事年末に移行を終えて(今の所)問題なく稼働しています。 ※ビジネス系のサービスなので、年末はトラフィックが下がる

プライベート開発(rnssh, rnzoo, cstoreなど)

プライベートでも、自分のツール開発を再開し、rnsshとrnzooに機能追加や改善を行いました。11月に活発に開発を行いましたが、12月はAurora移行であまり手をつけられませんでした。2016年は、cstoreのようなよく使う部分をライブラリ化して、プライベートでも仕事でも使えるようにしていきたいと思っています。

2016年は

面白そうなことをやってくスタンスはあまり変わらないです。

マイクロサービス化を進めると同時に、プロダクション環境にDockerを投入していきたいと考えています。Docker自体は前からありますが、AWSでの環境が揃い始めたことや、ノウハウが十分に公開されてきているので、踏み切れるかなと思います。

ディープラーニング周りもやりたいんですが、正直よくわからないので、詳しい人と話せる機会を持っていきたい所です。画像認識周りはサービス内でやらざるを得ない状況になっているので、その辺りでやることにはなるかもしれません。

あとはブロックチェーン周りも応用がききそうなので、詳しく見ていこうと思ってます。

振り返りもそうですが、普段の調査検証もwebにアウトプットする癖を付けないと。