読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年中アイス

いろいろつらつら

minikubeで自分の作ったimageを使う

前回minikubeの実行環境を作りました。公開されているnginxのimageを使いましたが、実際は自分でimageを作成し、それを実行させることがほとんどだと思います。minikubeはdockerを内包しているので、そこでdocker buildすればimageが登録され、使うことができます。

nginxに静的ページを追加したコンテナを作って試す

まず、minikubeのdockerを使うために以下を実行します。

eval $(minikube docker-env)

次にお試し用のpage.htmlとDockerfileを作ります。

# page.html
echo '<html>
  <head><title>this is page</title></head>
  <body>original page</body>
</html>' > page.html

# Dockerfile 
echo 'FROM nginx:1.11

COPY page.html /usr/share/nginx/html/page.html' > Dockerfile

ファイル構成としてはこんな形になります。

k8s/  ・・・名前はなんでもよくここにいる状態でeval $(minikube docker-env)
  |- Dockerfile
  +- page.html

imageを作ります。タグはlatestだと動かないので、適当にバージョンつけます。

docker build -t example/nginxpage:0.1.0 .

k8sで動かします。

# コンテナ起動
kubectl run nginxpage --image=example/nginxpage:0.1.0 --port=80

# Macからアクセスできるように
kubectl expose deploy nginxpage --name=nginxpage-nodeport --type="NodePort"

ブラウザで確認します。

minikube service nginxpage-nodeport

標準ブラウザが立ち上がり、nginxのwelcomeページが表示されるので、URL欄に/page.htmlを追加します。 そうすると、original pageと表示され、自分で作ったコンテナが利用できていることがわかります。

参考