読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年中アイス

いろいろつらつら

DeploymentとServiceをyamlファイルで定義する

kubectlコマンドとオプションでnginxをminikube上で動かしました。 今回は、コマンドで起動内容を指定するのではなく、定義ファイルを使って動かすようにします。定義ファイルにすることでgitで管理できるようになります。

コマンドの振り返り

以下のように起動して、接続できるようにしまていました。

# nginxの起動
kubectl run nginx --image=nginx:1.11 --port=80

# Macから接続できるように
kubectl expose deploy nginx --name=nginx-nodeport --port=80 --target-port=80 --type="NodePort"

これは実際に何をやっているかというと、Deploymentという機能を使ってnginxコンテナを起動し、Serviceを使ってnginxコンテナにアクセスできるようにしています。

Deployment

Deploymentは、複数のコンテナを並列起動し、世代管理できる仕組みです。今回Deployment(+ReplicaSet, Pod)自体が何かというのはあまり重要ではないので省略。以下の記事で細かく解説されています。

qiita.com

Service

Serviceは複数のコンテナへのアクセスを仲介してくれるロードバランサーです。個々のコンテナのアクセス方法を把握しなくても、Serviceの受付口だけ知っていれば、通信できます。

定義ファイル(yaml)にする

定義ファイルはJSONyaml形式が使えます。他のプログラムを仲介する場合はJSONが良さそうですが、設定管理なら個人的にはyamlが好きです。(コメントアウトやコメント書ける点が良い)

nginx-deploy.yml

apiVersion: extensions/v1beta1
kind: Deployment
metadata:
  name: nginx
spec:
  replicas: 2
  template:
    metadata:
      labels:
        run: nginx
    spec:
      containers:
      - name: nginx
        image: nginx:1.11
        ports:
        - containerPort: 80

kubectl runで指定していたもの+を定義します。

プロパティ 説明
apiVersion Deploymentはベータ開発中なので、extentions/v1betaだそうです *1
kind kubectl runで動かしていたので、隠れていましたが、実態はDeploymentなので明示します。
metadata.name kubectl runの後に指定していた名前
spec.replicas --replicasオプションで指定できる、レプリカ数(コンテナの並列数)
spec.template.
metadata.labels
識別するための任意のKeyValue
spec.template.spec.
containers.name
コンテナの名前
spec.template.spec.
containers.image
--imageオプションで指定していたコンテナイメージ
spec.template.spec.
containers.ports.
containerPort
--portオプションで指定したコンテナの公開しているポート

続いてSerivce。kubectl exposeで指定したもの+を定義します

service.yml

apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: nginx-nodeport
spec:
  type: NodePort
  ports:
  - port: 80
    protocol: TCP
    targetPort: 80
  selector:
    run: nginx
プロパティ 説明
apiVersion ServiceはDeploymentと異なりv1です。
kind 同様にkubectl exposeを使っていましたがServiceを明示します。
metadata.name --nameオプションで指定していたもの
spec.type --typeオプションで指定していたもの
spec.ports.port --portで指定したいたもの
spec.ports.protocol TCPを明示
spec.ports.targetPort --target-portで指定していたコンテナに対するポート
spec.selector 前述のDeploymentのlabelと関係します。後で詳しく。

起動

kubectl createコマンドで作成(起動)します。

kubectl create -f nginx-deployment.yml
kubectl create -f service.yml

-fは同時に複数指定も可能です。

kubectl create -f nginx-deployment.yml -f service.yml

minikube経由でブラウザ起動して確認。nginxのwelcomeページが見れます。

minikube service nginx-nodeport

DeploymentのlabelとServiceのselector

kubectl exposeコマンドは、その後にdeploy nginxと指定していました。これはnginxという名前 のdeploymentをターゲットにするという意味です。定義ファイルの場合は、labelとselectorで紐付けが行われています。

Serviceのselectorで指定したkey:valueと一致するDeployment*2に、リクエストを流すようになります。 run: nginxを指定していますが、特にrunというkeyにしなくても、Deploymentのlabelをapp: httpserverにして、Serviceのselectorも同様に指定することでもリクエストが流れます。一致すればOKです。

Deployment以外にもlabelやselectorを書けるので、nameよりも柔軟に対象を決めることができるようです。

Labels and Selectors | Kubernetes

いろいろなところで、deploy nginxなど、いちいち名前を書いてられないので、labelをつけて、複数のターゲットを同一label名で識別できるようにすることを目的としているようです。でもlabelは多分もうちょっと詳しく調べないとよくわからず。

参考

*1:http://stackoverflow.com/questions/38547229/apiversion-and-beta-versions

*2:DeploymentじゃなくReplicaSetかもしれない?