読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年中アイス

いろいろつらつら

vagrantで複数の仮想サーバを作る

vagrant

前回に引き続いて、複数台の仮想サーバ環境の作成を行います。

公式を参考に。
Multi-Machine - Vagrant Documentation

準備

適当なディレクトリを作成して、vagrant initする。ここは前回と変わりありません。

$ mkdir multi-server
$ cd multi-server
$ vagrant init

Vagrantfileの編集

# Vagrantfile
Vagrant.configure("2") do |config|

  # webという仮想サーバを定義
  config.vm.define :web do |web|
    # 中は、以前と同じですが、config.vmとなっていたところがweb.vmとなっています。
    web.vm.box = "base"
    web.vm.network :private_network, ip:"192.168.50.13"
  end

  # dbという仮想サーバを定義
  config.vm.define :db do |db|
    # こちらはconfig.vmがdb.vmに変わります。
    db.vm.box = "base"
    db.vm.network :private_network, ip:"192.168.50.14"
  end
end

起動、利用、停止、破棄

前回同様vagrant upで起動します。

$ vagrant up
Bringing machine 'web' up with 'virtualbox' provider...
[web] Importing base box 'base'...
[web] Matching MAC address for NAT networking...
[web] Setting the name of the VM...
[web] Clearing any previously set forwarded ports...
[web] Fixed port collision for 22 => 2222. Now on port 2200.
[web] Creating shared folders metadata...
[web] Clearing any previously set network interfaces...
[web] Preparing network interfaces based on configuration...
[web] Forwarding ports...
[web] -- 22 => 2200 (adapter 1)
[web] Booting VM...
[web] Waiting for VM to boot. This can take a few minutes.
[web] VM booted and ready for use!
[web] Configuring and enabling network interfaces...
[web] Mounting shared folders...
[web] -- /vagrant
Bringing machine 'db' up with 'virtualbox' provider...
[db] Importing base box 'base'...
[db] Matching MAC address for NAT networking...
[db] Setting the name of the VM...
[db] Clearing any previously set forwarded ports...
[db] Fixed port collision for 22 => 2200. Now on port 2201.
[db] Creating shared folders metadata...
[db] Clearing any previously set network interfaces...
[db] Preparing network interfaces based on configuration...
[db] Forwarding ports...
[db] -- 22 => 2201 (adapter 1)
[db] Booting VM...
[db] Waiting for VM to boot. This can take a few minutes.
[db] VM booted and ready for use!
[db] Configuring and enabling network interfaces...
[db] Mounting shared folders...
[db] -- /vagrant

これで、web,dbそれぞれの仮想サーバが起動します。ちなみに同じBoxを使っても、各サーバ用にコピーされるだけで、上書きされたりはしません。

vagrantコマンドの最後に仮想サーバの定義名をつけることで対象サーバを指定できます。

$ vagrant ssh web
$ vagrant ssh db

Vagrantfileの*.vm.networkで指定したIPアドレスを使って、お互いに通信することが出来ます。

# webサーバにSSHログイン
$ vagrant ssh web

# そこから、dbサーバにSSHログイン
$ ssh vagrant@192.168.50.14
  # パスワードはvagrant

最後は仮想サーバを止めておきましょう

$ vagrant halt
[web] Attempting graceful shutdown of VM...
[db] Attempting graceful shutdown of VM...

いらなくなったら容量も圧迫するので破棄しましょう。

$ vagrant destroy
Are you sure you want to destroy the 'db' VM? [y/N] y
[db] Destroying VM and associated drives...
Are you sure you want to destroy the 'web' VM? [y/N] y
[web] Destroying VM and associated drives...

所感

これで、複数台構成の確認もできますね。複数サーバがある環境を作るの大変かと思ってましたが、とりあえずvagrantを使えば、Webアプリの動作確認レベルで困ることはなさそうです。*1

次は、Saharaというプラグインを使って、仮想サーバをある状態にロールバックしたりすることが出来るようにして、失敗したらやり直せるようにします。

*1:実際はネットワーク環境やサーバなどの物理的な制約によってトラブルが起きがちです。実際の本番環境でも必ず確認しましょう。